医師紹介

院長 齊藤 達矢

ホームページをご覧の皆様、はじめまして!
院長の齊藤達矢です。 (はじめましてではない方はいつもクリニックをご利用いただきありがとうございます!)
ご縁あり、この市川市妙典で「妙典さいとう耳鼻咽喉科」を開業させていただき、地域の皆様のご信頼の下、早いもので5年目に入っております。

早速ですが、上記の2つは現在私が日々の診療を行う上で常に意識していることです。
今まで培ってきた医療技術・知識を用いて、患者様にはわかりやすい説明を心掛け、「安心」していただけるよう努めております。駅近の立地ということもあり、赤ちゃんからご老人まで様々な年代の方々にご利用いただいており、各々のライフスタイルに合わせた治療を目標としています。そして医療のプロフェッショナルとして自分の家族であったらどのような治療法を勧めるかなどを考えながら患者様の診療をさせていただいております。

ここで少し私自身の自己紹介をさせていただきたいと思います。
私は小学生の頃から漠然ではありますが「町のお医者さん」になれたらいいなと思っていました。もちろん子供の頃の話ですから、それは決意というほど大袈裟なものではありませんが、誰にでも気軽に頼ってもらえて、それに応えることのできる人間になりたいと思っていました。
医学部入学を目指し、中学受験・高校受験と挑戦しましたが、どちらも第1志望の学校には進学できず悔しい思いをしたのは今でも時々思い出すことがあります。その後は運良く医学部合格・医師国家試験合格とストレートで進むことができました。

大学卒業後は順天堂大学耳鼻咽喉科学教室へ入局しました。
そして、私の医師人生において一つ目の幸運がここで訪れました。しかし当時は、それが医師としての幸運と感じる余裕はありませんでした。絶え間なく来院される外来患者様の診療に追われ、その間に手術手技の習得、緊急患者様の対応など耳鼻咽喉科医としての基礎から応用まで、否が応でもこの時期に徹底して身につけることになりました。更には、高度外傷の患者様が搬送されてくる病院にも長く在籍していたこともあり、瞬時の判断力・決断力・実行力など、命の現場において必要とされる医師としての在り方を学ぶこともできました。

その結果、それがどんな現場・状況であったとしても、一人の医師として生きていくのならば、確固不抜の信念、不断の努力によって身に付けた技術と知識がなければいけないのだと、本当の意味で気付いたのがこの時期でした。そこで初めて、私は医師として何と恵まれた環境に身を置いていたのだろうと、自分自身の幸運に気付いたのでした。

ですから必然的に、医師としての信念・技術(経験)を身に付けた後は、次は誰にも負けない知識を習得せねばと大学院に進学し、実験・研究を積み重ね“医学博士号”取得しました。ここでいよいよ、私が理想とする形での「町のお医者さん」になる準備が整ったのです。
そしてこの地に、「妙典さいとう耳鼻咽喉科」を開業させていただきました。

開業当初から日々の診療に邁進してきた結果、幸いにも地域の方々に温かく迎え入れていただくことができ、毎日多くの患者さんが訪れるクリニックになりました。
また、想像以上に多くの患者さんにお越しいただく中で、待ち時間が少々長くなり心苦しく感じていたところ、私の想いに共感してくれた医師達(経験・技術・知識ともに抜群です!)を当院に招く機会を得ることもできました。

私が医師として得た2つ目の幸運は、この市川市妙典の地で開業に至り、地域の皆様から信頼を寄せていただけたこと、優秀な医師達が私の後に続いてくれたこと、即ちこの貴重な「縁」を結べたことが、私の2つ目の幸運です。

最後に私事ではありますが、昨年私も子供を授かることができました。
元々お子さんの診療は得意ではありましたし、痛くないように怖くないように、泣いてしまう前に手早く処置を済ます手技にも自信がありましたが、我が子が誕生したことで、医師としてそれではまだ不十分であると、改めて気付くことになりました。私にとって子供がかけがえのない宝物であるように、当院にお越しになる親御さんにとっても当然同じなのだと、子育てをすることで強く感じました。

頭では理解していたつもりですが、我が子を持つことで、親にとって子供がどれほど大切なのかと痛感することができました。少しでもお子さんが不安を持たずに受診でき、全ての親御さんから「齊藤先生になら我が子の体を安心して委ねられる」、そう思っていただけるような医師にならなければと思っています。

そういう医師でなければ、私も大切な我が子を任せることはできませんから。
そして、そこに至るために必要な努力を決して怠る事なく、私も他の医師も、看護師・事務スタッフも含めた妙典さいとう耳鼻咽喉科全員の力で最善の医療を提供できるように頑張っていくことを地域に皆様にお約束致します。もちろんこの想いは、お子さんと親御さんに対してだけでなく、当院を受診される全ての患者さんに向けてのお約束です。どうぞ安心して、当院にお越し下さい。

スタッフ一同、皆様の信頼と安心を得られる医療を目指して努力して参りますので、これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

■ 経歴

平成15年 兵庫医科大学医学部卒業
同年 順天堂医院にて研修開始
平成21年 順天堂大学医学部大学院医学研究科 修了
同年 順天堂静岡病院 耳鼻咽喉科・頭頸科 助教
平成23年 順天堂医院 耳鼻咽喉・頭頸科 助教
平成24年 順天堂練馬病院 耳鼻咽喉・頭頸科 外来医長
平成26年 順天堂大学医学部耳鼻咽喉科学講座 非常勤助教
同年 妙典さいとう耳鼻咽喉科 開院 院長就任
  (現在に至る)

■ 資格

  • 日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
  • 医学博士
  • 補聴器適合判定医
  • 補聴器相談医
  • 騒音性難聴担当医
  • 音声言語機能等判定医

■ 所属学会

  • 日本耳鼻咽喉科学会
  • 日本小児耳鼻咽喉科学会
  • 耳鼻咽喉科臨床学会
  • 日本鼻科学会

■ 校医

  • 市川市立 行徳小学校
  • 市川市立 新井小学校
  • 市川市立 富美浜小学校

副院長 岡林 大

妙典さいとう耳鼻咽喉科に関わる全ての皆様、はじめまして。
この度、光栄にも副院長職を拝命致しました「岡林 大」と申します。

さて、私は広島大学医学部を卒業後、一貫して県立病院・大学病院をはじめとした中国地方でも有数の医療現場で臨床に取り組んで参りました。
医師を志したその時から、多くの人の役に立ちたい、そのために最前線の医療現場で力を付けたい、そう思って選んだ環境でしたから、どんなに忙しくても充実した日々を送っておりました。

しかし、知識と技術を身に付け、より重篤な疾患の治療も任されるようになった時、得られた責任の重さをやりがいとして感じると同時に、一つの疑問を感じるようになりました。

私が長く在籍していた耳咽喉科・頭頸部外科には、様々な疾患・症状の患者様がおられましたが、多くの場合、耳・鼻・喉の疾患は快適な日常生活を如何にして取り戻すかという点が、治療における重要なポイントとなります。
ですから本来であれば、患者様の症状や体質、これまでの病歴、さらにはライフスタイルをも含めて十分に理解したドクターが在籍している環境で診療を受け、快適な日常生活という一つのゴールに、患者様と医師が手を携えてたどり着くことが望ましいと言えるのではないかと常々考えておりました。

しかしながら、大学病院などで私が置かれていた立場では、患者様に一定の改善が見られた後は、他の医師や地域のクリニックに治療を引き継ぐことが多く、その患者様が本当に穏やかな日常へと戻ることができたのかを知る機会は非常に少ないものでした。
そして、そのことがいつも心の隅に残るようになっていました。

そんな時、とあるご縁から齊藤院長とお会いする機会があり、副院長としての人材を探しているということを伺いました。
私は、齊藤院長の「患者様の言葉を大切にすること、目と目を合わせ、お話によく耳を傾けることなしに、正確な診断を導くことはできない」というお言葉と、順天堂大学という日本でも指折りの医療現場で要職にありながら、地域医療のために身を捧げると決められた当時のお話を伺い、それはまさに私が理想としていた医師の姿であったと気付き、一も二もなく、医師としての時間の全てを過ごした広島から、千葉県市川市の地域医療に身を投じることを決めました。

地域医療の現場において、私の力がどこまでお役に立てるのかは分かりません。
けれど、いつでも患者様と同じ目線を持つこと、医師である前に一人の人間として、全ての方に優しさと謙虚さをもって接していくことだけは、この場を借りてお約束致します。
ぜひ私、岡林大を、妙典さいとう耳鼻咽喉科の、そして地域の一員として迎えて頂ければ幸いです。
どうぞ末永く、よろしくお願い申し上げます。


■ 経歴

平成22年 広島大学医学部医学科卒業
同年 県立広島病院にて研修開始
平成24年 広島大学病院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科
平成25年 JA廣島総合病院 耳鼻咽喉科
平成27年 広島大学病院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科
平成29年 妙典さいとう耳鼻咽喉科 副院長就任

■ 資格

  • 日本耳鼻咽喉科学会認定専門医

■ 院長よりひとこと

当院には、日々非常に多くの患者様がお越しになっています。
地域の皆様のご期待に応えるべく、最先端の医療現場で知識と技術を身に付けた選りすぐりの耳鼻咽喉科専門医を揃え、少しでも良い環境となるよう努めてきたつもりではありますが、これからさらにその先の理想へと進むためには、もっともっと私の医療理念を深く理解し、全てをここ市川市の地域医療に捧げることのできる、私の右腕ともなるべき医師が必要だと感じておりました。


そんな時に出会ったのが、岡林先生です。


医師として経験や技量については、もはや何も言うことはありません。
それよりも、年齢・性別を問わず、誰にでも優しく真摯に接する人柄、3人のお子さんを厳しくも温かく育てる良きお父さんとしての姿に、私も一人の人間として魅了されました。


そして、私の医療理念に共感と深い理解を示され、広島県からはるばるこの地域へ移り住まれる覚悟の程に、ぜひ副院長の職をお任せしたいと思いました。


これからの当院は、岡林先生が加わることにより、一層強固な診療体制を築くことができると確信しております。 ぜひご期待下さい!

梶山医師

こんにちは。月曜午前の診療を担当します、医師の梶山美里です。
私は順天堂大学医学部卒業後、一貫して耳鼻咽喉科の臨床・研究を重ね、日本耳鼻咽喉科学会認定専門医と医学博士の資格を取得しました。

そして今後は、ここ妙典さいとう耳鼻咽喉科にて、これまでの経験と知識を存分に活かし、地域の皆様の耳・鼻・喉の健康維持に力を尽くしていきたいと考えています。
受診して頂いた患者様にとって分かりやすく丁寧な診療を心がけ、いつでも「ここに来て良かった」と安心してお帰り頂ける医療を提供して参りますので、どうぞよろしくお願い致します。


■ 経歴

平成15年 順天堂大学医学部卒業
同年 順天堂医院にて研修開始
平成21年 順天堂大学医学部大学院医学研究科 修了
平成28年 順天堂大学医学部耳鼻咽喉科学講座 非常勤助教
同年 妙典さいとう耳鼻咽喉科勤務

順天堂大学耳鼻咽喉科学教室在籍の間、順天堂医院、順天堂浦安病院・順天堂静岡病院・江東病院に勤務


■ 資格

  • 日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
  • 医学博士

■ 院長よりひとこと

梶山先生は、私と同じ順天堂大学医学部耳鼻咽喉科学講座に籍を置き、耳鼻咽喉科専門医として順天堂医院および関連病院で臨床経験を積み、更に研究も続けることで医学博士を取得した、非常に経験豊富で深い知識も兼ね備えた先生です。
培ってきた実績はもちろんのこと、女性ならではの丁寧で優しい診療が、男性医師に抵抗感のある方には最適ではないかと思います。また、1児の母としての子育て経験を活かし、小さなお子さんでも嫌がらずに受診できる、お父さん・お母さんにとって非常に安心な診療環境がご提供可能です。
梶山先生は私が自信を持ってお勧めできる素晴らしいドクターです。皆様どうぞ梶山先生にご期待下さい!


阿部医師

こんにちは。木曜午前の診療を担当することになりました、阿部です。
早速ですが、なぜこの度、齊藤院長より直々にご指名を頂いたのか・・・それはズバリ!私が子育て真っ最中のママさんドクターだからだと思っています。

当院の医師は、全員(私も!)が耳鼻咽喉科専門医であり、大学病院等でハイレベルな経験を重ね、最新の知識と技術を習得しているエキスパート揃いです。

しかし、耳鼻咽喉科クリニック、特にここ「妙典さいとう耳鼻咽喉科」には、耳・鼻・のどの症状でお困りのお子さんとお母さん達が毎日たくさんいらっしゃっています。ですから、知識と技術だけではなく、お子さんの辛さを理解し、お母さんの大変さに共感できる、そういった医師が絶対に必要だと思います。だからこそ齊藤院長は、ママさんドクターである私にその使命を与えてくれたのだと思います。

子育て中のお母さん、ぜひ木曜午前にお越し下さい!!


■ 資格

  • 日本耳鼻咽喉科学会認定専門医

■ 院長よりひとこと

阿部先生は、これまで一貫して大学病院をはじめとする高度医療機関で診療にあたってきた非常に優秀な耳鼻咽喉科専門医です。 しかしそれ以上に、阿部先生を当院に招きたいと考えた要因は“母親であるからこその気付き”にあります。実際に診療現場を視察させて頂いた中で、正確な診断と治療、そして最適なお薬を処方することはもちろんですが、親御さんに対して「子育て中にこそ役立つアドバイス」を自然に分かりやすく伝えられる力を持っていることが何より素晴らしいと感じています。
症状が長引く・繰り返す、うまくお薬を飲んでくれないなど、お子様のことでお困りの際は、ぜひ一度阿部先生の外来を受診されてみて下さい!


三橋医師

ホームページをご覧の皆様、こんにちは。
耳鼻咽喉科専門医の三橋正継と申します。この度、毎月第1・2・3・5週の月曜午後に、この妙典さいとう耳鼻咽喉にて、診療させて頂くこととなりました。どうぞ宜しくお願い致します。

さて、医師としての私は、耳鼻咽喉科専門医として長らく経験を積んで参りましたので、治療の手技、病気やお薬に関する知識など、一通りのものは備えていると思っております。
少しでも皆様のお役に立てますよう、真面目に丁寧に、確かな医学的根拠に基づいた診療を行っていきたいと考えています。

私は、一言で皆様を笑顔にできる冗談を言えるような人間ではないかもしれません。
けれど、「妙典さいとう耳鼻咽喉に来て良かった」と、病気を治すことで皆様を笑顔にすることができる医師であり続けることは、固くお約束したいと思います。
皆様のお悩み・お困り事、良かったら私にもご相談ください。

■ 資格

  • 日本耳鼻咽喉科学会認定専門医

■ 院長よりひとこと

新たな先生を当院にお迎えする際、その先生の経験や知識、専門性領域など、考慮すべきことは数多あります。しかし、私が最も重要視しているのは「患者様に、医療に、どう向き合っているのか」という点にあります。

三橋先生は“極めて実直に・粘り強く”日々の診療に取り組める“医師としての芯”を持っていると感じたからこそ、当院にお越し頂くことを決めました。


耳鼻咽喉科の病気の中には、根気強く治療を続ける必要があるものがいくつも見られます。そんな時には、患者様と真摯に向き合い、懇切丁寧な治療を貫くことができる医師が必要になります。
そしてそんな時こそ、三橋先生の力が最大限に発揮されると思います。
三橋先生の診療に、皆様どうぞご期待ください。


木村医師

月曜午後の診察を担当しております、木村優介です。どうぞよろしくお願いいたします。
これをご縁にお見知りおきくださいますと幸いです。

さて、私は日本大学医学部附属病院にて医師としての研鑽を重ねながら、同大学大学院にて医学博士号を取得いたしました。
現在は耳科手術において全国一の実績を誇る東京女子医科大学東医療センターで更なる知識の獲得と技術の修練を積みながら、妙典さいとう耳鼻咽喉科を訪れた皆さんの診療に還元できるよう、日々邁進しております。

そして皆さんの耳・鼻・喉を拝見する際は、一にも二にも丁寧・確実であることを心掛け、穏やかな時間の流れの中で、痛みや不安を感じることなく診療を完遂するよう努めております。
誠心誠意の診療を行って参りますので、何卒宜しくお願い申し上げます。


■ 経歴

平成23年 日本大学医学部医学科卒業
同年 日本大学医学部附属板橋病院にて研修開始
平成25年 日本大学医学部附属板橋病院耳鼻咽喉科
平成26年 日本大学医学部耳鼻咽喉・頭頸部外科
同年 日本大学大学院(医学研究科博士課程外科系耳鼻咽喉科学専攻)修了
平成30年 東京女子医科大学東医療センター
同年 妙典さいとう耳鼻咽喉科勤務

■ 資格

  • 日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
  • 医学博士

■ 院長よりひとこと

木村先生とお話しをすると、その優しく柔らかな語り口から、私自身まで穏やかな気持ちになります。
そしてふとした時に、医師になりたての頃に耳にしたある言葉を思い出すことがあります。それは外科の世界で使われるものであったと思いますが「鬼手仏心」という言葉です。


木村先生の診療は、患者さんの訴えによくよく耳を傾け、じっくりとお話しをされながらでも、その実、診断と手技は極めて合理的でスピーディー、結果として、受診された患者さんのご満足はもちろん、その他の患者さん方の待ち時間を軽減することに貢献してくれています。
まさに、仏のように穏やかで慈悲に満ちた心を持ちながら、鬼の手を持つがごとくにどんどん病気を治していくのです。


皆さんもぜひ一度、木村先生ならではの診療を体験されてみませんか。


磯野医師

皆様こんにちは!
この度、土曜日の診療を担当させて頂くことになった磯野です!

耳鼻咽喉科の専門医として、皆様の不快な症状・感覚を改善できるよう最善を尽くすことはもちろんですが、それ以上に、お困りごとを詳しく・丁寧に伺い、患者様の抱える問題に共感し、ともにクリアにしていくことで、本当の意味で体と心の健康を取り戻して頂けるよう、精一杯の診療をご提供したいと思っています。

耳・鼻・喉のお困りごとで「いまいち元気が出ないな・・・」と感じていらっしゃる方は、ぜひ私のいる土曜日に受診してみて下さい!


■ 資格

  • 日本耳鼻咽喉科学会認定専門医

■ 院長よりひとこと

磯野先生は、十分な経験と知識を兼ね備えた、信頼できる耳鼻咽喉科専門医であるだけでなく、会う人、話す人を自然と元気にできる若さとバイタリティを持った魅力的な人材として、当院の新たな力になって頂けるものと考え、土曜日の診療をお任せすることに致しました。
この妙典さいとう耳鼻咽喉科をより明るく・元気に、そしてそれが患者様の健康回復にとって大きな力になるものと確信しています。
磯野先生の活躍に、どうぞご期待下さい。


杉田医師

地域の皆様はじめまして。土曜診療を担当させて頂く、医師の杉田と申します。

耳鼻咽喉科のクリニックには、お子様からご年配の方まで、老若男女様々な患者様がお越しになります。
そして、それぞれにお持ちの病気もお悩みも異なるものです。
私はこれまでも、これからも、お一人お一人の方に寄り添う優しく親身な診療を心掛けています。

病気による苦痛や日常生活の不快感を癒す存在として、少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。


■ 資格

  • 日本耳鼻咽喉科学会認定専門医

■ 院長よりひとこと

杉田先生の診療は、一言で言えば「優しさを体現している」ということに他ならないと思います。
女性らしさを活かした丁寧な対応でしっかりとお話を伺い、そこに耳鼻咽喉科専門医としての知識と経験を余すことなく注ぐことにより、ストレスなく改善に向かうことができるものと思います。
これまで、どうも病院は苦手だなと感じていた方も、どうぞ安心して当院へお越し下さい。
杉田先生の優しさに溢れた診療は、きっとあなたのお役に立てることでしょう。


山賀医師

皆さん、はじめまして。
この度新たに「妙典さいとう耳鼻咽喉科」の一員となりました、医師の山賀と申します。

私は現在、子育てをしながら医師としての仕事を続けています。
耳鼻咽喉科のクリニックは、小児科を除けば他科に比べてお子様の受診率が多いと思います。

私がこの「妙典さいとう耳鼻咽喉科」で働きたいと強く思ったのは、齊藤院長先生と何度もお話をさせて頂く中で、クリニック全体で力を合わせて地域のお子様たちの健康を守っていこうという信念をもって診療にあたっているのだと感じたからです。

私もそんなチームの一員として、市川市のお子様たちのために、耳鼻咽喉科専門医として精一杯の診療を行っていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

■ 資格

  • 日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
  • 補聴器相談医

■ 院長よりひとこと

当院には、毎日非常に多くのお子様が来院されています。 昨年子供を授かった私も含め、当院の医師にも多くのパパ・ママがおりますので、「妙典さいとう耳鼻咽喉科」は“お子様の診療を得意としている”ことが特長の一つだと自負してはおりますが、それでもやはりお子様の診療には格段の慎重さと個別の対応を前提とした、極めて丁寧な診療が必要だと感じています。


そんな中、山賀先生を当院の一員としてお迎えしたいと考えたのは、受診されるお子様に対して、我が子に向けるような優しさと厳しさ(本当に必要な治療であれば、頑張ってしっかりと受けて頂くという意味で)を持って接することができる医師であると感じたからに他なりません。


私自身も、子育てのことでは山賀先生に色々とアドバイスをもらうこともあり、コミュニケーションを重ねる中で、医師としての経験や技量はもちろん、その人柄には全幅の信頼を置いています。
山賀先生が当院の診療体制に加わることで、さらにお子様にとって望ましい環境となることを、全てを預かる院長として大いに期待しております。


クリニック概要

市川市 妙典駅直結の耳鼻科

妙典さいとう耳鼻咽喉科

住所

〒272-0111 千葉県市川市妙典4-2-12

電話番号

047-390-3387

最寄駅

妙典駅徒歩30秒(駅高架下)

診療内容

耳鼻咽喉科、小児耳鼻咽喉科、アレルギー科

診療時間表
平日 9:00 - 12:00 15:00 - 19:00
土曜 9:00 - 12:00 
休診日 水曜、日曜、祝日
※ 当院は常時医師2名体制で診療を行っています。