インフルエンザ

インフルエンザ予防接種

インフルエンザとは

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こり、インフルエンザにかかった人が咳やくしゃみなどをすることにより、ウイルスが空気中に広がり、それを吸い込むことによって感染します。

症状はどんなもの?

◎ インフルエンザの典型的な症状としては、
  • 突然の高熱
  • 頭痛
  • 関節痛、筋肉痛
  • のどの痛み、咳、鼻水

などがみられ、通常の風邪に比べて全身症状が強いのが特徴です。
また、二次的な細菌感染が加わり経過が長引くこともあり、特に中耳炎、副鼻腔炎、肺炎を併発することもあります。

インフルエンザ予防について

インフルエンザ予防は、何よりワクチン接種を受けることが大切です。また、ワクチン接種を受けることは、インフルエンザにかかってしまった場合の重症化防止の方法としても有効とされています。


そして、インフルエンザワクチンは、接種してから効果が出るまで約2週間かかり、その効果は約5ヶ月間持続します。毎年のインフルエンザが流行する期間は概ね12月~3月ですので、早めに接種されることがたいへん効果的です。

どうやって治すの?

いわゆる「風邪薬」と言われるものは、発熱や鼻汁、鼻づまりなどの症状をやわらげることはできますが、インフルエンザウイルスや細菌に直接効くものではありませんので、インフルエンザの典型的な症状がみられる場合には、早めに耳鼻咽喉科の受診をお勧めします。

インフルエンザは、ウイルスに感染後24時間以上経過していれば、90%以上の感度で診断可能です。
また、迅速診断キットを導入により、即日・10分程度で行うことができますので、お仕事の都合など
で時間のない方も、お気軽にご来院下さい。


治療にあたっては、タミフルやリレンザといった従来からの主流薬に加え、イナビル、ラピアクタといったインフルエンザ治療における非常に効果的な新薬も登場しております。また、経過によっては漢方薬で症状を抑える事もあります。

高感度検出装置「イムノAG1」を導入しています!

従来の検査キットは、インフルエンザウイルスが体内で十分に増殖していないと陽性の判定が出ない事があり、確実に陽性反応が出るまでに発症後12時間~24時間が必要と言われております。そのため発熱後数時間では陽性の判定ができず、抗インフルエンザ薬を処方することができません。
しかしながら、発症後12~24時間を待つことで、ウイルスの増加とともに症状が悪化し、特にお子様や高齢の方、持病のある方にとってのリスクは大きく上昇し、また感染拡大も危惧されます。

そこで当院では、インフルエンザ発症後可能な限り早く陽性を判定し、一早く抗インフルエンザ薬を投与することで軽い症状のうちにインフルエンザを治し、地域での感染拡大も防ぐことができるよう、富士フイルム社が開発した最新鋭のインフルエンザウイルス高感度検出装置「イムノAG1」を導入しております。
イムノAG1の導入により、当院ならば発症後最短3時間で、且つ、高感度検出技術により微量なインフルエンザウイルスでも検出することが可能です。

※従来の検査キットでは、発症後6時間以下の場合の陽性率が約50%だったことに比べ、
 「イムノAG1」では約85%が陽性となる程感度が高いとされています。

インフルエンザの早期診断・早期治療は、ぜひ当院にお任せ下さい!

クリニック概要

市川市 妙典駅直結の耳鼻科

妙典さいとう耳鼻咽喉科

住所

〒272-0111 千葉県市川市妙典4-2-12

電話番号

047-390-3387

最寄駅

妙典駅徒歩30秒(駅高架下)

診療内容

耳鼻咽喉科、小児耳鼻咽喉科、アレルギー科

診療時間表
平日 9:00 - 12:00 15:00 - 19:00
土曜 9:00 - 12:00 
休診日 水曜、日曜、祝日
※ 当院は常時医師2名体制で診療を行っています。