スギ花粉症に対する舌下免疫療法

舌下免疫療法とは

昨今、スギ花粉症でお悩みの患者様の中には、テレビやネットニュースなどで「舌下免疫療法」という言葉を耳にされた方も多いのではないでしょうか。
日本では国民の4人に1人がアレルギー鼻炎であると言われており、その中でもスギ花粉症でお困りの方は非常に多く、当院にも毎年多数の患者様がご来院されています。
このような状況から、アレルギー免疫療法(減感作療法)の一つとして2010年から治験が始まり、2014年10月から保険適応となったのが、“治る花粉症治療”として期待される「舌下免疫療法」です。

舌下免疫療法はこんな方にお勧めです

毎年スギ花粉症の症状で悩んでいる

少しでも例年より症状を軽くしたい、治せるものなら根治させたいとお考えの方

薬をやめたい、減らしたい

お仕事などの都合(運転業務が多い等々)や、生活習慣の都合(定期的にお薬を飲むのが難しい等々)により、お薬以外の治療をしたいとお考えの方。

薬の効果に満足できていない

お薬の効果があまり実感できずに他の治療法を探している方。

手術治療に抵抗がある

レーザー治療が有効だと分かってはいるけれど、手術の一環であることがどうしても不安な方。

長期にわたる効果を得たい

お薬、レーザー治療ともに、耳鼻科での適切な診断と治療を受ければ効果は十分に得られますが、その効果が一生続くわけではありません。
舌下免疫療法であれば、体質を改善することで根治を目指すことが可能です。生涯にわたる効果を得たい方には、舌下免疫療法がお勧めです。

舌下免疫療法の仕組み

スギ花粉症の治療法と言えば、耳鼻科で処方されるお薬で症状を抑える(花粉の飛散が始まる2週間くらい前からの服薬が効果的です!)薬物療法や、シーズンオフにレーザー治療を受けて(当院では短時間で痛みや出血もほとんどないレーザー治療が可能です!)花粉症シーズンを乗り切ることが一般的ですが、それらはあくまで対症療法であり、スギ花粉症を完全に治すものではありません。


舌下免疫療法は、アレルギーの原因となる物質(アレルゲン=スギ花粉)を、極少量ずつ長期間にわたり投与することで、アレルギー反応が起こりにくい状態(免疫寛容と言います)を作り出す、アレルギー免疫療法(減感作療法)の一つです。例えば、妊娠中のお母さんの体が、本来は異物(自分の体ではない)であるはずの胎児を攻撃することなく、妊娠が維持されるのも免疫寛容の状態と言えます。
しかし、これまでのアレルギー免疫療法は、皮下注射によってアレルゲンを投与する皮下免疫療法が主流で、その度に何回も通院することが必要なため、あまり普及しなかったのが現実です。


これに対し、舌下免疫療法はアレルゲンの錠剤をご自身で服用する(1日1回、舌の下に錠剤を含むだけです)ことができるため、ご自宅で手軽に行うことができます。また、皮下免疫療法に比べて副作用が少ないため、スギ花粉症の根治が期待できる治療法として、大きな注目を集めています。

舌下免疫療法の進め方

1.ご来院・ご相談

スギ花粉症の根治が期待でき、メリットも多い舌下免疫療法ですが、それが本当に患者様にとって最適な治療法であるか、医師と一緒に相談しましょう。まずはお気軽にご来院下さい。

2.治療開始(1年目)

初回の投与は必ず医院内で行います。副作用の有無を観察するため、投与後30分程度、院内にて経過を観察します。
その後は、1日1回、舌の下に錠剤を置いて1分間含んでおいてから飲み込みます。
尚、舌下免疫療法は、スギ花粉が飛散する直前から飛散中の時期には行えませんので、概ね6月~11月の間に治療を開始することで必要です。
また、治療開始後1年間は、2週間に1回程度通院して頂きます。

3.通院(2年目以降)

2年目は通院頻度を減らしていき、1ヶ月に1回程度の通院となります。
2年目の治療が終了する時点で効果を確認し、そこである程度効果の見られた方は、根治を目指して最長5年間の目処に治療を続けていきます。

クリニック概要

市川市 妙典駅直結の耳鼻科

妙典さいとう耳鼻咽喉科

住所

〒272-0111 千葉県市川市妙典4-2-12

電話番号

047-390-3387

最寄駅

妙典駅徒歩30秒(駅高架下)

診療内容

耳鼻咽喉科、小児耳鼻咽喉科、アレルギー科

診療時間表
平日 9:00 - 12:00 15:00 - 19:00
土曜 9:00 - 12:00 
休診日 水曜、日曜、祝日
※ 当院は常時医師2~3名体制で診療を行っています。